メインイメージ
今すぐご購入の方はこちら
「フライドエイド」とは?
東洋秘伝の2MCメソッドを現代に蘇らせた、特許出願中の発明第一弾商品です。飛行機の上昇・下降による気圧の変化(またはダイビング中の水圧の変化・酸素カプセル使用中の気圧の変化)に対応しづらい方のフライトを快適にするためのお助けグッズです。
歯科医師西村が40年に渡る臨床経験を基に、従来の耳栓などとは全く異なるアプローチで発明した画期的商品です。
フライドエイド
東洋秘伝2MC(ツーエムシー)メソッドとは?
2MCメソッドのコンセプトは、東洋に古くから伝わる鍼治療の一種「金鍼(金針)と銀鍼(銀針)を用いた治療」(金と銀の電位差を利用し、気の流れを強制的に発生させることで、靭帯と靭帯を緩め関節をスムーズにする治療)に着想を得ています。
東洋秘伝2MC(ツーエムシー)メソッド
長年の研究により、生体に流れる「気の流れ」は、緩やかな電子の流れであることが発見され、金属のイオン化傾向の差により、銀鍼(銀針)から金鍼(金針)へ電子の流れを促進することが判明しています。

その後、皮膚に金鍼(金針)・銀鍼(銀針)を刺さずに、2種類の金属を貼っても皮膚表面に気が流れるのでは、という仮説に基づいた研究の結果、皮膚の強い電気抵抗のため、皮膚の下には逆転電位となることが判明しました。よって、気の流れの上流に金(のメタル)を貼り、下流に銀(のメタル)を貼る、という、より簡易な方法で金鍼(金針)と銀鍼(銀針)を用いた治療のメソッド(2MC療法)を利用できるようになり、専門の学会も設立され国際的にも活動しています。
元JALパイロット杉江 弘氏
  • プロフェッショナルパイロット
  • 機長の告白
  • 危ういハイテク機とLCCの真実
  • 747ジャンボ物語
  • 墜落事故JAL123便
元JALパイロット杉江 弘氏
(航空評論家・航空性中耳炎対策の第一人者)推薦!
[航空性中耳炎防止に朗報」航空機が降下する際に耳が痛くなったり、さらに悪化して航空性中耳炎になられる方が少なくありません。
特に日本人は耳が強い方ではないので欧米のメーカーが製造する現代の旅客機の持つ与圧システムは時に苦労させられる事になります。
それによって国際線の場合、到着して現地で医者にかかるようなことになれば最低でも2~3日、時には1週間ほど飛行機による移動を禁止させられせっかくの旅行や仕事も台無しになってしまい、医療費も国によっては莫大な金額になることがあります。

私の現役時代にはそのような事態にならぬように可能な限り与圧の調整によって快適な空の旅を確保するようにしていました、具体的には客室高度の降下率を低くなるように航空機関士が調整したり降下の時間を長くするために早めにゆっくりと降りていくなどの工夫をしていました。
ところが、近年は与圧システムを担当する航空機関士は搭乗せずパイロット2人だけのハイテク機が主流となり、与圧のコントロールは自動化された結果、機が急降下するとそれに合わせて客室高度の降下率も大きくなり健康な人でも耳が痛くなることがあります。加えて巡航高度は燃費向上を目的に高くなる傾向にあり国内線などの近距離便でも1万数千メートルの高高度を飛ぶことも普通になってきています。 巡航高度が高いほど客室の気圧高度と地上との気圧差は大きくなり、特に降下時には耳の耳管の中に強い圧力がかかり続けることになります。
その結果、風邪など体調不良の時や幼児などでは耳痛を起こすことになるのです。

しかし、乗客の立場からそれを防ぐ為に出来ることは限られています。
降下が始まり、耳が詰まるようになれば水を飲んだり、飴をなめたり、あくびをしたりして耳管を一時的に解放させることなどです。
しかし、今般それらを補助するグッズが登場したのです。
それは「フライトエイド」と呼ばれる機内で使用するグッズで、簡単に言えば2つの方法で耳管の周りをほぐすことを目的にしたものです。
それは40年間あごの嚙み合わせを研究されてきた名医の研究による成果のようです。
私自身は乗客として搭乗中で降下時に耳が痛くなりそうな時にはあらかじめCAさんからコップ一杯の水をもらい、耳が詰まるたびに何回となく飲む方法が経験的に最も有効と思っていますが、この「フライトエイド」も補助として携行するようにしています。
そしてこれまで数回のフライトで試してみましたがいっさい耳が痛くなることはなくその効果は実証済といってよいでしょう。
飛行機での旅行を耳が痛くなることで敬遠する方や普段から耳が痛くなることが多い方には朗報といえるものではないでしょうか。
  • 秘伝2MC療法効果利用
    秘伝2MC療法効果利用
    耳管が詰まると外気と鼓膜の中の気圧が調整出来ない。多くは顎関節付近のこわばりが原因である。
  • 歯科の発明品
    歯科の発明品
    上図の一に二種類のメタルを貼付して、犬歯部位でソフトスティックを噛むと顎関節部分は緩み、耳管への圧迫が消える!すると耳抜きが楽に出来る!
製品情報
  • 特徴1
    金メタル・チタンメタル
    素材は厳選した銅を使用、第一工程は
    アレルギー反応の出にくい錫(すず)でメッキ、その外側に最終工程として金メッキを施しています。
    メッキを二工程実施することで、肌への当たりをソフトにする滑らかなカーブを実現しました。試験を繰り返した適切なサイズで、肌へ適度な圧をもたらします。
    メッキは社内基準を満たした日本国内工場にて実施しています。
  • 特徴2
    テープ
    日本の医療機器メーカー製テープを採用しています。
    しっかりとした肌への粘着力と同時に、使用後も肌から剥がしやすい適切な粘着力があります。飛行機搭乗中なども人目が気にならない、絶妙な肌色を実現しています。予備の貼り替えのテープも10枚入っており、繰り返しご使用いただけます。
  • 特徴3
    シリコンチューブ
    シリコンタイプの高重合塩化ビニールを採用しています。
    硬くなりにくく折れ癖がつきにくいため、長時間快適にご使用いただけます。オゾンガスによる殺菌消毒しており、安心してご使用いただけます。
使用方法
  • 使用方法1
    搭乗後、着席したら左図の位置(金メタルは耳穴から5㎝程度の頬のあたり、チタンメタルは金メタルから垂直に10㎝程度下がった首のあたりに)にメタルを左右合計4か所に貼付する。
    ※搭乗中テープを貼ることが気になる方は、到着時間の30分前程度、飛行機が着陸降下体制に入るころでも可
  • 使用方法2
    シリコンチューブを上図の位置(犬歯歯部位)で、下顎を前に出しながら噛む。
  • 使用方法4
    下降体制に入りベルト着用サインが出たら、再度シリコンチューブを②のように噛む。
  • 使用方法3
    飛行が安定して、耳の具合がよければシリコンチューブを外す。
    ①のメタルは貼付したままにする。
必ずお読みください。
  • 安全上のお知らせ
    ①金、チタン、銅、すずに対するアレルギー反応が出た場合はただちに使用を中止し、医師にご相談ください。
    ②反応には体質や感覚により個人差があります。
    ③鼻の粘膜に炎症や、アレルギー、花粉症などの症状がある場合、本製品は不適ですのでご使用をお控えください。
  • 使用上のご案内
    飛行機の上昇・下降による気圧の変化(またはダイビング中の水圧の変化・酸素カプセル使用中の気圧の変化)に対応しづらい方のフライトを快適にするためのお助けグッズです。
  • 原材料
    金、チタン、銅、すず、シリコン(すべて日本製)
西村歯科医院 院長 西村 雅興 略歴
1946年 兵庫県姫路市生まれ
1976年 岩手医科大学歯学部 卒業
1981年 西村歯科医院 開業
専門分野 不正咬合(噛み合わせ治療)、
顎関節症治療、総入れ歯、
インプラント治療
趣味   剣道(7段)
西村歯科医院 院長 西村 雅興
著作
  • 1992年5月潮文社
    1992年5月
    潮文社
  • 1995年11月ムックセレクト
    1995年11月
    ムックセレクト
  • 1999年6月KKロングセラーズ
    1999年6月
    KKロングセラーズ
  • 2002年10月KKロングセラーズ
    2002年10月
    KKロングセラーズ
  • 2004年6月KKロングセラーズ
    2004年6月
    KKロングセラーズ
  • 2005年6月KKロングセラーズ
    2005年6月
    KKロングセラーズ
  • 2006年10月現代書林
    2006年10
    現代書林
院長・西村雅興からのごあいさつ
歯は健康の源。歯に愛を注げば命の糧になります。ですから、歯にもっと愛を注いでください。
西村歯科医院では、お口の健康だけでなく、全身の健康回復につながる歯科治療を提供しています。
特に入れ歯・かみ合わせの治療・インプラントに力を注ぎ、40年にわたり研究を進めてまいりました。
「本気で身体を良くしたい!」という覚悟を持った方は、ぜひ当院で治療をお受けください。
院長・西村雅興が、あなたに負けない覚悟をもって本気で治療に取り組みます。
詳細については各サイトをご覧ください。さらに詳しくは私の本をお読み下さい。

西村歯科医院 院長 西村雅興
btn-doctors_fileはこちら
お客様の声
  • お客様
    旅行で飛行機を乗る際に耳が詰まり頭痛までしましたが、フライトエイドを使用することで耳が抜け快適に機内で過ごすことが出来ました。また飛行機を降りてからも、耳詰まりを気にすることなく遊べたのでとても助かりました。
    茨城県30代 男性 
  • 疲労回復のため定期的に酸素カプセルに通っていますが、気圧で耳が痛くなるのが悩みでした。フライトエイドを教えていただき、驚きました!耳抜きでき、快適に酸素カプセルに1時間入る事が出来ました。
    東京都 50代 男性
    お客様
  • お客様
    バスに乗車した時や車の運転中によく耳がつまる事があり、不快な時があり、紹介して頂いたフライドエイドを使用してみた所、なかなか抜けなかったのが、気持ちいい程よく抜けることが出来ました。良いものに出会うことが出来ました。
    茨城県 40代 男性
  • 東洋医学の鍼治療がルーツと聞き、痛みを感じるものかと想像していましたが、メタルを貼るだけで顔からデコルテにかけて皮膚が緩むような感じでした。いままでに体験したことのない感覚で驚きました。
    東京都30代 女性
    お客様
メインイメージ
今すぐご購入の方はこちら
「フライドエイド」とは?
東洋秘伝の2MCメソッドを現代に蘇らせた、特許出願中の発明第一弾商品です。飛行機の上昇・下降による気圧の変化(またはダイビング中の水圧の変化・酸素カプセル使用中の気圧の変化)に対応しづらい方のフライトを快適にするためのお助けグッズです。
歯科医師西村が40年に渡る臨床経験を基に、従来の耳栓などとは全く異なるアプローチで発明した画期的商品です。
フライドエイド
東洋秘伝2MC(ツーエムシー)メソッドとは?
2MCメソッドのコンセプトは、東洋に古くから伝わる鍼治療の一種「金鍼(金針)と銀鍼(銀針)を用いた治療」(金と銀の電位差を利用し、気の流れを強制的に発生させることで、靭帯と靭帯を緩め関節をスムーズにする治療)に着想を得ています。
東洋秘伝2MC(ツーエムシー)メソッド
長年の研究により、生体に流れる「気の流れ」は、緩やかな電子の流れであることが発見され、金属のイオン化傾向の差により、銀鍼(銀針)から金鍼(金針)へ電子の流れを促進することが判明しています。

その後、皮膚に金鍼(金針)・銀鍼(銀針)を刺さずに、2種類の金属を貼っても皮膚表面に気が流れるのでは、という仮説に基づいた研究の結果、皮膚の強い電気抵抗のため、皮膚の下には逆転電位となることが判明しました。よって、気の流れの上流に金(のメタル)を貼り、下流に銀(のメタル)を貼る、という、より簡易な方法で金鍼(金針)と銀鍼(銀針)を用いた治療のメソッド(2MC療法)を利用できるようになり、専門の学会も設立され国際的にも活動しています。
元JALパイロット杉江 弘氏
(航空評論家・航空性中耳炎対策の第一人者)推薦!
元JALパイロット杉江 弘氏
  • プロフェッショナルパイロット
  • 機長の告白
  • 危ういハイテク機とLCCの真実
  • 747ジャンボ物語
  • 墜落事故JAL123便
[航空性中耳炎防止に朗報」航空機が降下する際に耳が痛くなったり、さらに悪化して航空性中耳炎になられる方が少なくありません。
特に日本人は耳が強い方ではないので欧米のメーカーが製造する現代の旅客機の持つ与圧システムは時に苦労させられる事になります。
それによって国際線の場合、到着して現地で医者にかかるようなことになれば最低でも2~3日、時には1週間ほど飛行機による移動を禁止させられせっかくの旅行や仕事も台無しになってしまい、医療費も国によっては莫大な金額になることがあります。

私の現役時代にはそのような事態にならぬように可能な限り与圧の調整によって快適な空の旅を確保するようにしていました、具体的には客室高度の降下率を低くなるように航空機関士が調整したり降下の時間を長くするために早めにゆっくりと降りていくなどの工夫をしていました。
ところが、近年は与圧システムを担当する航空機関士は搭乗せずパイロット2人だけのハイテク機が主流となり、与圧のコントロールは自動化された結果、機が急降下するとそれに合わせて客室高度の降下率も大きくなり健康な人でも耳が痛くなることがあります。加えて巡航高度は燃費向上を目的に高くなる傾向にあり国内線などの近距離便でも1万数千メートルの高高度を飛ぶことも普通になってきています。 巡航高度が高いほど客室の気圧高度と地上との気圧差は大きくなり、特に降下時には耳の耳管の中に強い圧力がかかり続けることになります。
その結果、風邪など体調不良の時や幼児などでは耳痛を起こすことになるのです。

しかし、乗客の立場からそれを防ぐ為に出来ることは限られています。
降下が始まり、耳が詰まるようになれば水を飲んだり、飴をなめたり、あくびをしたりして耳管を一時的に解放させることなどです。
しかし、今般それらを補助するグッズが登場したのです。
それは「フライトエイド」と呼ばれる機内で使用するグッズで、簡単に言えば2つの方法で耳管の周りをほぐすことを目的にしたものです。
それは40年間あごの嚙み合わせを研究されてきた名医の研究による成果のようです。
私自身は乗客として搭乗中で降下時に耳が痛くなりそうな時にはあらかじめCAさんからコップ一杯の水をもらい、耳が詰まるたびに何回となく飲む方法が経験的に最も有効と思っていますが、この「フライトエイド」も補助として携行するようにしています。
そしてこれまで数回のフライトで試してみましたがいっさい耳が痛くなることはなくその効果は実証済といってよいでしょう。
飛行機での旅行を耳が痛くなることで敬遠する方や普段から耳が痛くなることが多い方には朗報といえるものではないでしょうか。
  • 秘伝2MC療法効果利用
    秘伝2MC療法効果利用
    耳管が詰まると外気と鼓膜の中の気圧が調整出来ない。多くは顎関節付近のこわばりが原因である。
  • 歯科の発明品
    歯科の発明品
    上図の一に二種類のメタルを貼付して、犬歯部位でソフトスティックを噛むと顎関節部分は緩み、耳管への圧迫が消える!すると耳抜きが楽に出来る!
製品情報
  • 特徴1
    金メタル・チタンメタル
    素材は厳選した銅を使用、第一工程は
    アレルギー反応の出にくい錫(すず)でメッキ、その外側に最終工程として金メッキを施しています。
    メッキを二工程実施することで、肌への当たりをソフトにする滑らかなカーブを実現しました。試験を繰り返した適切なサイズで、肌へ適度な圧をもたらします。
    メッキは社内基準を満たした日本国内工場にて実施しています。
  • 特徴2
    テープ
    日本の医療機器メーカー製テープを採用しています。
    しっかりとした肌への粘着力と同時に、使用後も肌から剥がしやすい適切な粘着力があります。飛行機搭乗中なども人目が気にならない、絶妙な肌色を実現しています。予備の貼り替えのテープも10枚入っており、繰り返しご使用いただけます。
  • 特徴3
    シリコンチューブ
    シリコンタイプの高重合塩化ビニールを採用しています。
    硬くなりにくく折れ癖がつきにくいため、長時間快適にご使用いただけます。オゾンガスによる殺菌消毒しており、安心してご使用いただけます。
使用方法
  • 使用方法1
    搭乗後、着席したら左図の位置(金メタルは耳穴から5㎝程度の頬のあたり、チタンメタルは金メタルから垂直に10㎝程度下がった首のあたりに)にメタルを左右合計4か所に貼付する。
    ※搭乗中テープを貼ることが気になる方は、到着時間の30分前程度、飛行機が着陸降下体制に入るころでも可
  • 使用方法2
    シリコンチューブを上図の位置(犬歯歯部位)で、下顎を前に出しながら噛む。
  • 使用方法3
    飛行が安定して、耳の具合がよければシリコンチューブを外す。
    ①のメタルは貼付したままにする。
  • 使用方法4
    下降体制に入りベルト着用サインが出たら、再度シリコンチューブを②のように噛む。
必ずお読みください。
  • 安全上のお知らせ
    ①金、チタン、銅、すずに対するアレルギー反応が出た場合はただちに使用を中止し、医師にご相談ください。
    ②反応には体質や感覚により個人差があります。
    ③鼻の粘膜に炎症や、アレルギー、花粉症などの症状がある場合、本製品は不適ですのでご使用をお控えください。
  • 使用上のご案内
    飛行機の上昇・下降による気圧の変化(またはダイビング中の水圧の変化・酸素カプセル使用中の気圧の変化)に対応しづらい方のフライトを快適にするためのお助けグッズです。
  • 原材料
    金、チタン、銅、すず、シリコン(すべて日本製)
西村歯科医院 院長
西村 雅興 略歴
1946年 兵庫県姫路市生まれ
1976年 岩手医科大学歯学部 卒業
1981年 西村歯科医院 開業
専門分野 不正咬合(噛み合わせ治療)、
顎関節症治療、総入れ歯、
インプラント治療
趣味   剣道(7段)
西村歯科医院 院長 西村 雅興
著作
  • 1992年5月潮文社
    1992年5月
    潮文社
  • 1995年11月ムックセレクト
    1995年11月
    ムックセレクト
  • 1999年6月KKロングセラーズ
    1999年6月
    KKロングセラーズ
  • 2002年10月KKロングセラーズ
    2002年10月
    KKロングセラーズ
  • 2004年6月KKロングセラーズ
    2004年6月
    KKロングセラーズ
  • 2005年6月KKロングセラーズ
    2005年6月
    KKロングセラーズ
  • 2006年10月現代書林
    2006年10
    現代書林
院長・西村雅興からのごあいさつ
歯は健康の源。歯に愛を注げば命の糧になります。ですから、歯にもっと愛を注いでください。
西村歯科医院では、お口の健康だけでなく、全身の健康回復につながる歯科治療を提供しています。
特に入れ歯・かみ合わせの治療・インプラントに力を注ぎ、40年にわたり研究を進めてまいりました。
「本気で身体を良くしたい!」という覚悟を持った方は、ぜひ当院で治療をお受けください。
院長・西村雅興が、あなたに負けない覚悟をもって本気で治療に取り組みます。
詳細については各サイトをご覧ください。さらに詳しくは私の本をお読み下さい。

西村歯科医院 院長 西村雅興
btn-doctors_fileはこちら
お客様の声
  • お客様
    旅行で飛行機を乗る際に耳が詰まり頭痛までしましたが、フライトエイドを使用することで耳が抜け快適に機内で過ごすことが出来ました。また飛行機を降りてからも、耳詰まりを気にすることなく遊べたのでとても助かりました。
    茨城県30代 男性 
  • 疲労回復のため定期的に酸素カプセルに通っていますが、気圧で耳が痛くなるのが悩みでした。フライトエイドを教えていただき、驚きました!耳抜きでき、快適に酸素カプセルに1時間入る事が出来ました。
    東京都 50代 男性
    お客様
  • お客様
    バスに乗車した時や車の運転中によく耳がつまる事があり、不快な時があり、紹介して頂いたフライドエイドを使用してみた所、なかなか抜けなかったのが、気持ちいい程よく抜けることが出来ました。良いものに出会うことが出来ました。
    茨城県 40代 男性
  • 東洋医学の鍼治療がルーツと聞き、痛みを感じるものかと想像していましたが、メタルを貼るだけで顔からデコルテにかけて皮膚が緩むような感じでした。いままでに体験したことのない感覚で驚きました。
    東京都30代 女性
    お客様